ネットビジネスにおける戦略と戦術

sennryaku

多くの人が、戦略と戦術について、
「ほとんど同じもの」だと思っていますし、
その違いについてはほとんど理解していません。

だからこそ、もしあなたが今、
この違いについて理解したいと思えば…

今日の話は本当に真剣に聴いてもらう必要があります。

というのは、人は得てして、
「分かった気になってしまう」生き物だからです。

ビジネスにおいて「行動心理学」は重要です。

しかし心理学を真剣に学ぶ人はあまりいません。

実はこの最も大きな理由は、

「人は、自分たち人間の心の動きなど、
 しっかり分かっているし、改めて勉強することではない」

と思っている点にあるのです。

しかし、心理学という分野における様々な実験結果は、

「人は自分の意思決定の際にはたらく
 メカニズムに関してほとんど理解していない」

という結論を簡単に導き出してくれます。

だから、あなたが今、
戦略と戦術の違いについて
本当に理解したいと思ってくれているなら…

まずはそこに明確な違いがあることを受け入れ、
真剣に向き合ってほしいのです。

これから、少し難しそうな単語が並びますが、
ゆっくり考えれば、なんなく理解できるはずなので、
落ち着いて読み進めてみてください。

では、いきましょう。

戦略と戦術の違い

ズバッと表現します。

戦略とは「狙い」であり、戦術とは「打ち手」です。

言い換えれば、戦略は「思考」であり、戦術は「行動」です。

なんの狙いもない打ち手に価値がなく、
思考の全く通っていない行動に意味がないように…

全ての戦術は、優れた戦略のもと使われて、初めて効果を発揮します。

まず、この例え話に耳を貸して下さい。

たとえば、自分のもっているブログに
しっかりしたキャッシュポイントを仕込んだ方が、
売り上げを上げるために、せっせとアクセスを集めて、
報酬獲得というかたちで、結果を出しているとしましょう。

これは、一見すると
「売上を上げるためにアクセスを集めている」ように見えます。

(というか、実際そうです)

ただ、だからと言って、
ブログにキャッシュポイントがまったくない人が、
同じように必死にアクセスをかき集めても、
売上につながることはありませんよね。

キャッシュポイントがないのですから。

この場合、アクセスを集めるという行動は、
それを活かすキャッシュポイントがあって
初めて意味を持つことになります。

この例で言えば、
「キャッシュポイントのあるところに」
人を集めるから意味があるのです。

この場合、
「人を集める」というのが戦術で、
「キャッシュポイントのあるところに集める」というのが戦略です。

戦略と戦術に順番はありません。

必ずしも、戦略が先に存在するわけではないということです。

戦略が戦術を生むこともあれば、
戦術を活かすために戦略を立てることもあるでしょう。

ただ、確かなのは、
戦略なくして戦術が機能することはないということです。

そして、もうひとつ大きく違う点があります。

戦術は可視であり、戦略は不可視であるということです。

打ち手、つまり行動は目に見えますが、
思考というのは、見えるものではありません。

家族でも、恋人でも、
どんなに慣れ親しんだ人でも、
頭の中を正確に理解することはできませんよね?

そして、ビジネスにおいて言えば、
見えるところに、重要なものなんてありません。

重要なものは隠されています。
普段は決して見えないところにあるのです。

たとえば。

うまくいっている販売者が
何をやっているかを学び取るために、
プロモーションに参加してみようと言われることは多いです。

参加してみることで、
仕掛ける側の「打ち手」を見ることができるから、

という理由でしょう。

これは、間違いではありません。

参加することに意味がないとは言いませんし、
参加しないよりは遥かにましだと思います。

色んな気づきや発見もあるでしょう。

ただ、それはすべて「戦術ベース」です。

そこで見ることができるのは、
あくまで表面的な打ち手であり、戦術です。

「なにをやっているか」は見れますが、
「なぜやっているか」を完璧に理解することはできません。

すでにお話したように、戦略は見えないのですから。

これが、猿真似が生み出した「劣化コピー」が、
オリジナルを超えれない理由のひとつです。

優秀な「模倣」が、
更なる工夫を伴ってよりよいものを生み出す理由は、
根っこの部分を押さえて「真似」するからなのです。

もっと身近な例を挙げましょう。

ノウハウを求めて情報商材を買いあさる人が、
結果を出すことができないのも、実はこれと同じ理由です。

多くのビジネスノウハウ系の情報商材で学べるのは、
「何をどうしたらどうなった(稼げた)」という戦術の部分ですよね。

全部とは言いませんが、
自分の稼いだ手法をなんとなくまとめただけの
ビジネス系情報商材は、結構存在しているようですから。

たしかに戦術としての「手法」は大事ですが、
肝心なのは、その手法を選ぶ理由、つまり戦略の部分です。

そこを押さえないと、
再現性など生まれるべくもありません。

戦術ベース、作業ベースで、
「全く同じこと」をして稼げるようになる教材があれば、
みーんなお金持ちになってしまいます。

ただ、ほとんどの人は、
このものすごく重要な事実に気づいていません。

「戦術」を真似すれば、同じ結果が出ると信じているのです。

「戦略」と「戦術」が違うものだとすら思っていないから、
戦術の裏にある戦略を知ろうともしないのです…。

さて。

なんとなくでもいいので
戦略と戦術の違いは分かってきたでしょうか。

戦略の重要性は感じてくれていますか?

もし、「まだよく分からないな」ということであれば、

不変の王道ノウハウをこちらで学ぶ事をオススメします。

私が戦略的思考を身に付ける事が出来たのもココからです。

ビジネスでの成功は戦略と戦術無しではありえませんよ!


マルの各メルマガ講義に無料登録をして学んでみませんか?

マルが稼げるようになる為のキッカケを作りますよ♪






無料登録するだけで有料級サービスの無料使用権利ご提供!



コメントを残す