ツイッターアカウント一斉凍結事件の追記

twitter_icon

今回のツイッターアカウント一斉凍結事件ですが
様々な事が言われていますが、どうやら真相がはっきりしてきました。

ツイッター社が言うには

大量のスパムアカウントを凍結・削除を行った

といっていますが、現実に非常に多くのアカウントが凍結されたようです。

当然ツイッターツールを使われていた人も対象となっておりますが
一部のツールをメインに使用されていた人が特に全滅状態だと聞いています。

私がメインに使用しているツイッターブレインの使用者は
それでも凍結された人は少なかったようです。

ただツイッターブレインの使用者にも
凍結された人がいるのも事実です。

しかし、その場合は使い方に問題があったようで
普通にツイッターブレインのマニュアルに添って使用している人は
凍結されなかったようです。

なのでツールとしてはツイッターブレインには問題は無いようです。

今回の凍結の被害者が一番多かったのは
フォローマティックXYをメインに使用されていた人の様で
フォローマティックXYはXとYという2つのツールに分かれてるのですが
このYに問題があったようで、このYを使われてた人が壊滅状態のようです。

フォローマティックXYも持ってる私ですが
Yは殆んど使わなかったので今になれば助かったというとこでしょうか。

また、フォローブスタ―Proも次いで被害を受けたようです。

フォローブスタ―Proも持ってはいるものの
ツイッターブレインが登場して以来
私は使っていなかったので
被害を受けずに済んだのだと思いました。

フォローブスタ―Proの開発者の稲村さんも
購入者通信の中で稲村さんのアカウントも、
かなり凍結されてしまったらしく
「一からアカウント作り、再出発します」
なんて事を言ってました。

このようにツイッターツールを使う全ての人が
凍結の対象となった訳ではないのですね。

つまりツールを使用すると凍結されるという事ではないんです。
この事はツイッターブレインの販売者の佐藤さんも言っていました。

それからbotを使うという事も凍結の原因では無いようです。

あくまでもツイッター社は「スパムユーザの削除」という狙い

ツイッター社が「スパム」という定義が定かではありませんが
フォローマティックXYのYの方と
フォローブスタ―Proの2つのツールが
「スパム」の定義に今回は当てはまってしまったようです。

なのでフォローマティックXY及びフォローブスタ―Proの販売元としては
今回の凍結問題の対策を急ピッチで進めているようです。

まとめると今回の大量凍結は
ツイッターツールの使用者とかbotの使用者がターゲットとされたのではなく
ツイッターアカウントの所有者が、使い方に問題があったという事です。

そして直接の原因は

ブロックされた数とスパム報告をされた数の累計で
一定数を超えてしまった人のアカウントをIPで辿り
軒並み凍結をしたといった事のようです。

今後においてはブロックをされない事
そしてスパム報告を受けない使い方が重要になってきます。

これはツイッターブレインのマニュアルを良く読んで理解し
実行していけばアカウントは育って行くので特に難しい事ではありません。

今回の凍結問題でも大きな打撃を受けなかったツイッターブレイン
開発元は、このような事まで予測してツールを開発していたのでしょうか?

そして今は先駆者達の多くのアカウントが凍結されてるので
これからツイッターで稼ごうという方にとっては
参入するにはベストタイミングな訳です。

もちろんツールを使って効率を図る事は外せません。

そしてツールを選ぶには、ツイッターブレインなら間違いないでしょう。

⇒この続きはコチラを御覧ください


マルの各メルマガ講義に無料登録をして学んでみませんか?

マルが稼げるようになる為のキッカケを作りますよ♪






無料登録するだけで有料級サービスの無料使用権利ご提供!



コメントを残す